SUZUKI全部縦目化計画

アクセスカウンタ

zoom RSS ルアーはどうやって塗ってる?

<<   作成日時 : 2009/06/05 18:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

 僕はの場合ルアーというと材料はバルサ材になりますので
バルサ材の塗装という前提で書いてきます。

塗装というのは奥が深いというか深すぎるので、僕の経験的なところから来る
初心者的オススメ塗装法で話を進めさせていただきますが、ベースがバルサ材
と言うところがキモになります。

穴だらけで凸凹のザラザラで柔らかくて強度の欠片もない軟弱野郎の木材で
ございます。 超軽くて加工しやすいのはメリットですがそれ故に飛距離の出にくい
ルアー材の筆頭でもあります。ラパラのルアーは飛ばない! 軽くて空気抵抗も
大きいからです。

まぁ僕の場合はリップ無しのスリムなペンシルタイプなのでバルサ材でも十分
飛距離は出せますが、強度が無いのは変わりません。

画像バルサ材の場合は下塗りで強度を出すために下塗りはセルロースセメントを
使います。メーカーから色々出ていますが普通にクリアーとホワイトを買えばOKです。
ルアーの形状をサンドペーパーで完璧に出したらセルロースセメントにドブヅケして
強度を出します。 この場合ウレタン材では重ね塗りで強度を出せないので下地は
セルロースセメント一択になります。説明は面倒なので理由はググってください。

一番最初のセルロースセメントのドブ付けは必ずクリヤーでやりましょう。
ホワイトタイプのセルロースセメントは乾燥しても顔料のせいで硬度が出なくて
柔らかい上に乾燥しにくいです。

と言うわけで僕は下地はセルロースセメントのクリヤーでドブ付け2回、十分乾燥
させてサンドペーパー#800で下地を滑らかにします。
目玉位置を4mmポンチで位置決めして掘り出しもこの時にします。

3回目からホワイト>クリアー>ホワイト>クリアー とそれぞれドブ付けと乾燥を
繰り返します。計5回もドブ付けするので薄めに調整しないと塗膜が厚くなりすぎて
デブルアーになってしまいます。

これだけやればヤワヤワふにゃ**バルサ材もカチンコッチンです。
次に色を塗ります前に#600〜800位で足付けようにサンドペーパーを掛けます。

塗装はエアブラシとかスプレーとか高等な道具を使う手もありますが、素人は
筆塗りとドブ付けと相場が決まってます。 今回はシンプルカラーと言うことで
ドブ付けオンリーで行きます。

画像塗料は手に入りやすくてカラーバリエーションも豊富なプラモデル用のMrカラーを
使います。塗料は水性とかエナメル系とか色々ありますが省きます。
好きな色を買いましょう。 ドブ付けするには1本10mℓの低い瓶では2cmの
ルアーしか対できないので細長い空瓶を用意します。
薄め液も必ず一緒に買いましょう。

画像5cmくらいのルアーではタミヤのスペアボトル50mℓが使い勝手良いです。
(一瓶150円位)満タンにするにはMrカラー4本位が必要です。
筆塗りするより圧倒的にキレイに仕上がるのでオススメですがコレも薄め液で
やや薄めて2〜3回に分けて塗ると仕上がりがキレイです。
筆塗りでも良いんですけどパールホワイトはkozoさんにあげる奴でやってみたら
やっぱりムラになったよw (ごめんなさい) パール系はドブ付けに限ります。
タミヤのボトルだと6cmくらいのルアーまでドブ付けできます。

画像ドブ付けしての乾燥は適当な段ボール箱と割り箸にクリップを伸ばして使うと
便利です。(*画像参 重ね塗りはある程度乾燥させてから塗りましょう。
夏場なら半日、冬場なら1日くらい… と言うわけで完成にはけっこう時間が
掛かるので根気のいる作業でもあります。

塗れたら最後はクリアーを吹いて仕上げるのが一般的ですが、
ここでやってはいけないのがセルロースセメントのクリアーでドブ付けしてしまうと
今まで苦労して塗った塗料がひび割れてとても残念な事になります(泣き

それではどうするかと言うと
1・何もしない
2・多少攻撃性の低い1液性ウレタンクリアーを使う。

2番でも決して安全ではないので、色止め用のクリアースプレーで一膜作ってから
ドブ付けすると良いのですがウレタン系は使い切りが基本なので使い勝手が悪い
のが問題です。

ちなみに僕の場合は大概1番です。 つや消し剤を入れてマットな質感にしてるのに
クリア吹いて艶が出てしまっては台無しです。 それにどんなにピカピカに作っても
一度使えばニジマスの歯でボロボロでございます。 でもリアル系の塗りをする
場合はクリア吹かないと模様が飛んでしまうので仕方がありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本日届きました。
ありがとうございます。
相変わらず完成度高いですね。
ハイウェイトタイプは持った感じから重さが違うのが分かりました。
波があるときに使えそう。
さらに飛距離が出そうです。
使うのが楽しみです。
でも、今期はさすがに厳しいかもしれません。
メッキの釣果が先になるかも(^_^;)

塗装がルアー作成の工程で一番大変そうですね。
うちは子供が小さいのでもう少し大きくならないとできないかも(^_^;)

kozo
2009/06/06 00:02
kozoさん コンバンハ
お褒めいただき感謝感激。

Hiウェイトは飛びますよ〜 使いやすいかどうかは
ちょっとわかんないですけどwww
重くなれば重くなるほどにJIGになっていきます。
管釣りで使うと対岸の木が釣れるんで(T-T)ウッ
でも海水だと丁度イイ感じかもしれませんね。

塗装はたいがい彼女や奥様が嫌がりますよね〜
ルアー削ると木材の削りカスが部屋を汚すし。
HOS
2009/06/06 00:41
HOSさん、ご連絡遅れてすみません。
コチラも届きました。

凄く絶品ですね、エイチ工房。
あのスイム、一発でファンになってしまいました。



またこの記事、ワタスのためにすみませんです。
テキストで保存しておいてもいいですか?
凄くためになります。ありがとうございます。
Tks
2009/06/09 21:50
Tksさん こんばんは

まぁ塗装初心者の雑感くらいにとらえておいてください。
たぶん勘違いや間違いもあるとおもうので。
HOS
2009/06/11 03:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルアーはどうやって塗ってる? SUZUKI全部縦目化計画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる